メニュー

Bifarr ロッド インプレッション その1

こんにちは! Bifarr三保店スタッフ 濱中です。

今回はBifarr オリジナルロッド「Multi Effector」「Distortion」の商品紹介

また、私が実際に使用した感想も加えて紹介できればと思います。

まずは商品のスペックについて

Model : BIFS-66L

Sub Name : Multi Effector

Rod Type : スピニング

Blanks : チューブラー

Length : 6.6フィート

Line : PE0.6~1.5号

Lure : プラグMAX45g ジグMAX85g

このロッド、非常にキレのあるモデルです。

パドルフィッシングをしていると、突然ナブラが発生、そしてすぐに沈んでしまう状況が多々あります。

そんな時に必要とされるのは、間髪入れずにナブラへキャストする事!

この点にコンセプトを置いているな、と感じるロッドです。

少ないストロークで反発良くキャストすることで、気持ちよくルアーが飛んでいきます。

それでいて、遠くのジグにもキレのある動きを入力することが可能です。

特に壁打ち等のキャストを繰り返すシーンでは秀逸で、ジャーキングでは緩急をつけ易く、

ボートシーバスにもベストマッチなモデルです。

このロッドで最も扱いやすいと感じた重量は、プラグが25g、ジグ30gでした。(参考までに)

素早くキャストでき、正確にアクションを加えることが出来るこのロッド、オススメします。

《Staff 濱中のタックルセッティング》

ロッド : biFarr Multi Effector

リール : D社 スピニングリール4000番

ライン : PE1.2号

リーダー : ナイロン25lb

Model : BIFB-63M

Sub Name : Distortion

Rod Type : ベイト

Blanks : オールソリッド

Length : 6.3フィート

Line : PE0.6~1.5号

Lure : ジグ 40g~300g

このロッドは全てのパドルフィッシングアングラーへお勧めしたい竿です。

また、私がbiFarrロッドで一番推しているものです!

このロッドの魅力は対応力の高さです。

対応ジグの重量は40g~300g。

私は40g~150gまで使用しましたが、どの重量でも理想のアクションを生み出すことが出来ました。

また、このロッドはbiFarrプランジと相性が抜群!

プランジは比較的スローな誘いを得意としたルアーです。

「ふわっとリフトし、フォールさせる」このアクションを入力するのに欠かせないのがこのロッドです。

ジグを不必要に跳ねさせないオールソリッドの柔軟性が魅力です。

是非、併せてお試しください!

そして、このロッド最大の魅力はバラシの少なさ!

オールカーボンソリッドのブランクスが魚の引きに合わせて追従します。

また、追従するだけでなく、復元力も兼ね備えているのが「Distortion」のいいところ。

81cmのサワラも楽々揚げることが出来ました。(プランジ70g)

まだまだ余裕を感じさせるこのロッド、「どこまでいけるのだろう」と、釣り人の心をワクワクさせてくれる一本です!

《Staff 濱中のタックルセッティング》

ロッド : biFarr Distortion

リール : D社150番 ベイトリール

ライン : PE1.5号

リーダー : ナイロン30lb